美容外科で行うリフトアップ

美容外科でできるフェイスリフトは覚悟が必要?

リフトアップとは、顔に施す美容整形の一つです。
別名フェイスリフトとも呼ばれており、その種類もさまざま。

主たるものに分けると、切るリフトアップ手術糸で皮膚を引き上げるフェイスリフト糸で皮膚に刺激を与えて肌質を向上させる韓国式美容鍼などの治療、高周波・超音波・レーザーなどの照射系による治療、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどを注入・注射しておこなう治療と、リフトアップとはいえさまざまな方法があるのです。

ただ、これはあくまでも大雑把に分類したものですから、さらに細かく分類することができ、やる人の好みや要望などによって変わるところからも、信頼でいる医師にやってもらわないと若干不安になってしまいことも否めません。

このなかでよく耳にすることがあるので、「リフトアップ手術」ではないでしょうか。
元々シワやたるみを改善する方法としておこなわれていたらしいのですが、今ではフェイスリフトとして広く浸透しているような…。
やってみたらフェイスリフト効果が素晴らしいとして、そちらの方が有名になってしまったのでしょうか。

このリフトアップ手術には数多くの術式があり、美容外科によって対象となる部位や範囲が異なるのだそうです。
人の顔のつくりは同じではないですから、そうしたことからも手術内容が異なってきてしまうのですね。

美容外科でおこなう方法としては手術が先にあったようですが、最近では糸によるリフトアップヒアルロン酸などの注入高周波やレーザーを照射など…切らなくてもできる方法が増えてきています。
手術と聞くとちょっと恐怖感や抵抗感もありますし、顔にメスをいれるのなんて、もしもの事を考えるとそうそう気軽にトライする事ができません。

顔だけでなく体全体に与える影響やリスクなどを考えて、より危険性が低く抵抗感もすくない形でできるこれらの方法が広がってきているのも無理もないといえます。
まさに、ローリスク、ローリターン化です。

とはいえ、手術以外の手法も、完全に安全で効果が高いものとはいえません。
やってみたけどそこまで効果が期待できなかった、効果が長続きしなかった…なんてことが実際にあるのです。
しかも最悪な事に、糸を使ったフェイスリフトにまつわるトラブルが、ニュースとなったこともあるのですから怖いもの。
顔ですから、まさに一生問題となってしまいます。

また、ヒアルロン酸などを注入する施術は、たるんだ部分を引き上げると同時にしぼみや窪んだ部分に注入したり、膨らんだ部分の脂肪は除去するなど…フェイスリフトにボリューム改善治療も組み合わせたものとなっています。
たるんだ部分を持ち上げただけでは不十分であり、かつ不自然。だから必要なところをぷっくりと盛り上げる…ということなんですね。

一見よさそうに見えるのですが、たるんだ組織を引き上げる効果はあまり期待できないようです。

そして、高周波やレーザーなどを照射する治療は、その技術開発からも超高額
ただし、フェイスリフト効果だけでなく肌質の改善も見られた…なんて話もあるのですから、こちらの方法でやるのが一番無難そうな感じがします。
とはいえ、効果のほどなマイルドで持続期間が短いので、継続的にやらなくてはいけないのはちょっと痛いですね。

トップへ戻る