料金未払いで逃げた「五士」をゆるさない!

 本来ならおでらい関連の報告のためにここでの活動を再開したかったんですが、昨今のコロナの影響で去年の9月に参加したっきり、12月、そして今年の2月も延期になったり、追い打ちをかけるように哀しい事件も舞い込んで来まして……。
 仕方がないのでその哀しい事件を書くことにします。

 簡単に言えば、タイトルの通りですが折角舞い込んできたイラストのお仕事があったのに、料金未払いで持ち逃げされてしまったんです。
 まず1/12にSKIMAにて……どうせ本名じゃなくHNだし、Twitterで検索しても出て来なかったって事は、とっくに変えて逃げ回ってるんでしょうから、バッチリ書いちゃいますね。
「五士」さんという方からイラストの依頼のメッセージが来ました。
 納期がたったの1日と、なかなかのハードスケジュールでしたがとりあえず快諾し、早速作業に取り掛かりました。
 で……納品したにもかかわらず料金を支払ってくれない、催促しても音信不通……と。
 もちろん私の不手際もあったんですが、それにしたって「払う」と言ってるものを払ってないんですから、不手際が免罪符になる訳はありませんよね?

 そして弁護士さんに相談したんですが、料金(3千円)よりも情報開示料(4千円)の方が高いので、正義の名の元、制裁を加えるためだけなら決して高くない料金だけど、単純にお金の問題なら赤字になるだけだよ……と、厳しい現実を知らされました。
 私の場合は金銭に余裕が無いがために受けたお仕事だったので、赤字になるぐらいならと泣き寝入りをしたタチです。
 そしてただの泣き寝入りも悔しいので、こうして機会をうかがって、ちょっと私刑に近い爪痕を残す……という、小さい人間なわけです。

あーもう絶対ウラスピで人気の電話占い師に相談して特定してやる!

 ちょっとね……乞食みたいで情けないんですが、良ければ励ましのお言葉を頂けるとありがたいです……。
 そして五士と思しき人物を見つけたら、私の二の舞にならないようにお気をつけください&ご一報ください。